20161126 Sat
13日目


11/26(木)晴・強風

 バス停、強風が吹き込み、寒くてよく眠れなかった。天井・床・壁のあるところで、布団に横になって一人でゆっくり寝たい。こんな感じがあと30日くらい続くのかと軽く絶望してたときに、車で通り過ぎたおじいさんがわざわざ車を停めてポッキーをくださった。去り際に窓を開けて手まで振ってくれた。泣きそうになった。その後、ちょっと元気になって、会う人たちに挨拶して歩いていると、某宗教の人に遭遇。30分くらい法華経について話される。けど時間はスケジュール通り。良かった。
 今日は他にも逆打ちのお遍路さんに、先にある休憩所やトンネル内の坂について教えてもらった。「トンネルを出てすぐに休憩所がある」とのことだけど、実際は3kmくらいあった。お遍路の距離感……。
 フジというスーパーの中で久しぶりに書店を見つける。春樹の紀行文集が出ていた。
 夜は必殺のジョイフル。とり天定食。美味!安い!ドリンクバーで粘る。このあと道の駅で寝る予定なのだけれど、正直、店を出たくない。昨晩から急にまた寒くなった気がする。もうすぐ凍死するぞ、雲辺寺あたりで(笑)。


コンビニ  500円
スーパー  667円
ジョイフル  789円

6:00 福島バス停跡 -(4k)- 7:40 36番 -(25.6k)- 道の駅かわうその里すさき


11/26(土)晴
 寝た旧バス停は湾沿いのコンクリート打ちっ放しの建物。電気はなく、ローソクを明かりに過ごした。中のことはよく覚えてないけど、何かの台にダンボールが敷いてあって、そこに寝たような覚えがある。
 お遍路はもちろん宗教関係なく回っていいのだけれど、一応は空海を祖とする真言宗の寺なので、まあこういう宗教関係の絡まれ方はいつかするだろうなと思ってはいた。そこまで面倒なことにならなくて良かった。
 日記中にある雲辺寺というのは、愛媛と香川の県境にある山越えの寺で、標高は88カ所中最高の910m、この時点で寒くなってきたので冬の山越えにだいぶビビっている。
 宿泊するために行った道の駅で、たしかSさんと再会した。はじめはいつもどおり端っこのベンチに寝ていたのだけれど、風が強いなか雨まで降りだし、ぜんぜん寝られなかったので、それぞれ良かれと思う場所へ移動した。僕は本当は入っちゃダメだけど、裏の方にあった物置に入ってダンボールにくるまって寝た。“クソ寒い いよいよ死ぬ”とメモに書いてあるけど、こんなもんじゃない寒さをしばらくあとに体験するので、まだ甘い。





コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

The Jon Spencer Blues Explosion「Bellbottoms」


booklog (→all)


 日記 (647)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin