20161204 Sun
21日目


12/4(金)曇ときどき雨+強風

 道の駅、案の定、雨と風でベンチではおちおち寝てられず。途中で場所を変える。裏にあるベニヤでできた売店ボックスに忍び込み、板が風でガタンガタン揺れるなか、頑張って寝た。4:30起き。準備して、納経時間前に41番龍光寺へ。先に来ていたおじさんと少し話す。ほかに朝から順打ちツアーの老人の団体あり。納経所のおばさんが気さくな人で、話してて楽しかった。次に向かう歩きのルートも教えてくれた。
 42番仏木寺、山道でSさんに追いつかれる。「川のあるところは良いですねー」と良いながらすごいスピードでさくさくと歩いていった。鳥坂トンネルは1k以上あって、大型車もバンバン通るのに、歩道が狭くてものすごく怖い。トンネルエコーが気持ちよくて大声で歌っていたら、自転車が追い抜いていって恥ずかしかった。あとは延々
と歩く。道引大師という場所へ寄る。とても小さい箱があるだけだけど、ここで野宿をする人もいるらしい。
 43番明石寺。山道のあとの上り道はきつい。さらに風が強いのでフラフラしてしまう。お参りしていると再びSさんに遭遇。近くの道の駅で洗濯しつつ、じゃこ天を食べてきたらしい。うらやましい!僕も10年くらい前に愛媛でじゃこ天おばちゃんの店へ行ったことを思い出した。ここで徳島で会った、青森から来ている住職と再会する。本職の人と一緒にお経をあげさせてもらった。いつか青森へ行くことがあったらお寺へ寄ってみたい。
 宇和の町は歴史的建造物が多く、保護されているところが多かった。伊勢のおかげ横町が静かになったような感じ。ずっと天気が微妙だったけど、大洲に入るあたりでパラついた。ヒョウも降った。変な天気。とつぜん、ユニクロ・ブックオフ・明屋書店と、次々と街っぽい建物があらわれ、先ほど山から下りてきた者としては驚く。街は美容室が多いなと思う。車から声をかけられ、のど飴を頂いた。歩きだそうとしたときに、ショルダーバッグがヒザの嫌な場所に当たってしまい、足が動かなくなる。その場で座り込んで休憩。バイクで回っているというお遍路さんに、僕の今日の宿を聞かれる。いつもは24時間営業のネカフェに泊まっているらしいが、この周辺には24時間営業の泊まれそうな場所がないらしい。道の駅のベンチとかで野宿です、と答えると驚かれた。にわか雨。
 足を引きずりながら、十夜ヶ橋永徳寺の通夜堂へたどりつく。許可がないと泊まれないのだけど、お寺はすでに閉まっていて暗かった。電話番号は書いてあるのだけど、iPhoneは初日に充電が切れて以来ただの重い板になってしまっているので、どうしようかと困っていると、通りがかりの男性が携帯を貸してくれた。この方がとても良い人で、僕が通夜堂で休んでいると、コーヒーとパンとバナナを買ってきてくださった。一緒に十夜ヶ橋の下も見に行く。
 近くのオズの湯というスーパー銭湯に入り、横にあった宮脇書店で久々に本を見る。やっぱ本だよ!夜ご飯はほか弁。通夜堂の辺りは店が固まってて便利です。明日からはガチの山道に突入。頑張る。ユニクロで買ったパンツの調子が悪い。


コンビニ 476円
コンビニ 206円
ユニクロ ?円
ほか弁  330円

5:30 道の駅みま -(1k)- 41番 -(2.6k)- 42番 -(10.6k)- 43番 -(23.6k)- 十夜ヶ橋


12/4(日)曇のち雨
 十夜ヶ橋、というのは、真言宗の開祖・空海が、遍路道を開いているときにこの辺りの家で宿泊を断られ、橋の下で寝たという伝説がある場所。横の永徳寺は遍路別格20番所の8番目の札所になっている。ちなみに、遍路道の橋の下には、いまでも空海が眠っているとされ、起こしてはダメなので橋の上を通るときは、杖をついてはいけないというルールがある。慣れるまでは破りまくるルールである。ちなみに、空海はいまでも高野山の奥の院にいる、とされている。偏在する概念のような存在である。いわば、まどマギのまどかみたいなものだろうか。十夜ヶ橋の周りは高速が走ってたり、そのインターがあったりと、わりと賑やかな場所です。
 バイクの男性は、88カ所と別格20カ所をまとめて回っていて、数日後のウナギ稚魚の漁までに帰らなければいけないと、かなり急いでいる様子だった。前にも書いたかもしれないけど、88カ所は現代においては納経帳スタンプラリーみたいな面もあって、さらに別格20カ所はお金を払うと数珠の玉が1つずつもらえて、全部集めてさらにお金を払うと、それらをつないでもらうことができるらしい。その話を聞いて、この辺から納経帳書いてもらうのに300円払っているのがなんだかアホらしくなってきたというのが正直なところ。観光の面もなければお寺が成り立っていかないのも分かるのだけれど、金儲けをことさらに押し出されるともちろん冷める。
 日記だけ読むとSさんとデッドヒートを繰り広げているように見えるが、向こうの方が段違いに速い。ただ向こうはあちこち寄って、健康的に旅をしている分時間がかかっているだけである。
 そしてもう一人、この旅で何度か会う人物と、この日出会った。携帯を貸してくれた男性である。愛媛在住という彼は、歩き遍路にあこがれているものの、家の事情でなかなかまとまった旅が出来ないらしく、僕に旅の様子をあれこれと聞いてきた。とりあえず歩きはガチでしんどいことだけは伝えておいたので、あれから車ではもう回ったかもしれない。このあと、僕が居そうなところに車で駆けつけては、差し入れをくれたり一緒にお参りしてくれたりした。





コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

山瀬まみ「ゴォ!」


booklog (→all)


 日記 (661)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin