20161205 Mon
22日目


12/5(土)曇 ひさしぶりに無風

 すごくゆっくり寝られた。なぜならストーブがあったから!ありがとう十夜ヶ橋。ついでに空海に思いを馳せながら橋の下に寝転んでみた。お寺が開いているときにお願いすれば、野宿用にむしろを貸してもらえるらしい。さすがの空海も冬だったら死んでたんじゃないかと思う。
 土曜なので、他のお遍路さんもよく見かけた。僕の寝巻きと同じような格好でキャリーケースを引き、ゆっくりと歩いていたおじさんがいた。
 内子という町で餅つきのイベントに来ていたチビッ子にトイレの場所を聞かれて、資料館のようなところに連れて行ってあげた。ついでに自分もトイレを借りた。内子、良いところ。すこし昼寝をした。
 昨日携帯を貸してくれたHさんが車で追いかけてきて、しばらく一緒に歩いた。正直、人と一緒に歩くと疲れる。柿やみかんをたくさん頂く。ありがたい。18時までには帰宅ということで、本格的な峠に入る前に引き返していった。2つルートがあるうちの、2k分短い方を行こうとすると、真ん中辺りが土砂崩れで通行止め。引き返してもう一つの峠に行こうとするも、すでに暗くて山道が危なくて無理。大回りに車道を歩いていく。33号線。真っ暗。街灯なし、民家なし、そして歩道なし。路側帯が少しあるだけの道を車が猛スピードで走っていく。夜に山道に入ってしまったときより、危険を感じた。気が疲れてヘロヘロになりながら歩いていると、やがてサークルKを発見!すごく嬉しかった。温かいものを食べる。ログハウス風のバス停で寝させてもらうことにする。寒い。


すき屋  490円
コンビニ 524円
コンビニ 341円

6:30 十夜ヶ橋 -(43k)- 20:40 久万町のバス停


12/5(月) 晴
 峠が途中で土砂崩れだったというショックと、そのあとの車道がめっちゃ怖かったということしかほとんど覚えていない。日記を見て、そういえばチビッコと会って遊んだわーとか、Hさんの政治批判聞きながら歩いてたわーとか思い出した。このすこし前から、峠が土砂崩れであるという情報は寺のノートなどで見ていたはずなのに、頭から抜け落ちていた。距離が短い道を優先しすぎた。結局大回りで2kぶんくらい余計に歩いたと思う。まあ冷静に考えている余裕もないほど疲れていたのだろう。ちなみにこのころにはもう、Hさんが心配するほど髭がボウボウに生えている。内子の町を出ると峠と山道の連続で、久万町はふもとにあるくせに標高400m。なので寒い。





コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

山瀬まみ「ゴォ!」


booklog (→all)


 日記 (660)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (13)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin