20120710 Tue
写真写真写真


「写真写真写真」

tumblr_m4sdvbjYdw1qa9b8ro1_500.jpg

この前、東京都写真美術館、略して“トシャビ”へ行ってきました。
それに伴いトシャビでは、僕が一番好きな写真家、ロベール・ドアノーの生誕100年記念展が、
ついこの前まで行われていたと知り、いわゆるorzという気分です。
チャンスというやつは、大抵過ぎてから気付くものですな。

さて、今回トシャビで観たのは、
「川内倫子展 照度 あめつち 影を見る」
「世界報道写真展2012」
「光の造形-操作された写真」
の3つ。ガッツリ。

その3つのうち、今日のブログでは川内倫子展のことを書きます。
川内倫子さんの写真は今までも、知らず知らずのうちに沢山見てまして、
友人Gotaがくれた、スターバックスのキャンペーン本の写真を担当してたり、
小西真奈美と市川実日子の一番可愛い瞬間をとらえた映画として後世に残るべき、
『blue』映画版(原作マンガは魚喃キリコ)での写真を担当してたり。


さてここで、いつもどおりの余談突入。『blue』についての思い出。
たしか高校生の時に何かの拍子で予告編を観ました。
そしてなぜか、「うわ、めっちゃええ音楽やん」と妙なところに感動しまして、
まだ日本に出始めの頃のAmazonで、まずはサントラを買いました。
映画の方は観れるはずもない田舎に住んでおりましたので、諦念。

で、一人暮らしをはじめて後、
熊本のヴィレッジヴァンガードで原作のマンガ本を見つけまして、意気揚々と購入。
その後のビレバン好き及びサブカルぶり屋さんまっしぐらのキッカケとなります。

さらには学校の近くのレンタルビデオ店(その頃はTSUTAYAが近くに無かった)にて、
『blue』のVHSを発見。いそいそと観たものの、ラストシーンのビョーキっぽい感じに
ティーンネイジャーの心は、一層ひねくれてしまったわけであります。


閑話休題。写真展の感想。

川内倫子さんの写真は、いわゆる“写ガール”が好きそうな感じです。
四隅が暗くて・ソフトフォーカスで・けれども色はビビッド、っていう。
“トイカメラ以降の写真”とでも言ってしまえるのかな。
最近の流行でもあるし、見てて嫌な印象は抱きません。無害です。疲れません。

あと、基調は青です。キタノブルー。じゃねえや、リンコブルー。
写真展を観終わった人を掴まえてインタビューしてみたら、
何人かは「青が印象的ですね」っていうはず。多分。

川内さんが撮った動画が上映されているコーナーもあったんですが、
映画のメインシーンが始まるまでに挿入される、風景シーンのようなものが、
延々続いているように感じました。モノローグが似合いそうな映像です。

書いてて気付いたんですが、今回はポートレイトがほぼ皆無で、
事件も起こってないような日常風景がほとんどだったんで、一人称が強かったのかなぁと。
「私、こういうのが好きなんです」っていう写真だった気がする。
……あー、ここらへんは、もうちょっと考えたり勉強しなければ、
言葉に整理出来ないです。すみません。

まぁしばらくは、川内倫子や市橋織江みたいな写真が流行るんだろうなぁ。
(っていうか、流行ってるんでしょうけど。)
そこらへんを抜けてくる、次の人の写真を見るのが今から楽しみです。
写真家の系譜なんて全然知らないんですけど、
ブームっていうのは一周するから、古きを温ね新しきを知る、
って人が来るんでしょう。影響と剽窃を自己のものにしてしまえるような人が。



では最後に予告編です。ご覧下さい。

「blue」


この予告編のはじめのシーンに、高校生の僕の心は持っていかれました。
今も昔も全然変わらない、安定した趣味嗜好。

しかし、日に日にブログが長くなってしまってきてることに、一抹の不安。



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK


zack villere「cool」

booklog (→all)


 日記 (631)
 つくり話 (25)
 音楽ログ (1)

 2017/08 (13)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin