20161207 Wed
24日目


12/7(月)晴!

 ずいぶんゆっくり寝られた。昨日の方(おそらく住職?)に挨拶をしたかったが、あいにく別の人しかいなかった。とりあえずお礼を述べる。いったん道を戻って46番浄瑠璃寺。お寺のお母さんが良い方で「朝ご飯に」とおにぎりとお茶を頂いた。47番八坂寺で会ったお父さん、この日なぜか何度も会うことになる。80代には見えない若々しさ。カメラをしまった場所が分からなくなって慌ててるの萌えた。
 49番浄土寺に向かっていると、またHさんが車でやってきた。僕が来るのを待っててくれたらしい。柿・みかん・ドーナツ・お茶を頂いた。めちゃめちゃお世話になっている……。ここからしばらく一緒に歩く。50番繁多寺、山内には見るものがそんなにないけど、景色がすごく良かった。松山が一望できる。というわけで、愛媛の観光地、道後に突入。51番石手寺は、とても広く、観光地みたいになっている。ただ、きれい、というわけではなく、なんか張り紙などでお寺の意見をやたら主張している、毒々禍々しいパワーに満ちあふれた寺だった。タイのテーマパークみたいだ、行ったこと無いけど。人が多く疲れる。Hさんと座ってしばらく話し、ここで別れる。今日一緒に行った4寺で88カ所を回ったことにする、と言っていた(笑。
 山頭火の一草庵へ。とても静かな良い場所。訪問者ノートを一通り読んだあと、ボーッとして夕方まで過ごす。徳島から歩き始めたときに行くと決めていたので道後温泉へ入る。10年以上前に来たときは到着が遅れてしまい入れなかった覚えがあるのだけれど、なぜか内部に見覚えがあった……。月曜なのにたくさん団体客がいて大変にぎわっていた。ちなみにお遍路は僕だけだった。街のなかで道に迷ってしまい、風俗街に出てしまう。この格好では一番似つかわしくない場所である。案の定、客引きに「お兄さん、こっちの修行はどう!?」とからかわれ、歩いてる嬢に「ウザ」と言われる。
 暗い中歩いて、52番太山寺の一ノ門まで来た。……あれ?野宿リストには児童公園と書いてあるが、……何もない……。いや、公園はあるのだけれど、……ベンチしかない。ついに、ガチ野宿である。どうか朝まで晴れていてくれ。右足のカカトがずいぶん割れてきてしまった。


コンビニ 404円
道後温泉 ?円
すき屋 490円

7:20 47番通夜堂 -(0.9k)- 7:50 46番 -(0.9k)- 8:20 47番 -(4.5k)- 10:10 48番 -(3.2k)- 11:20 49番 -(1.7k)- 12:30 50番 -(2.8k)- 13:50 51番 -(10.1k)- 52番一ノ門


12/7(水)晴
 大学生だったころ、高校の吹奏楽部の同期が計画してくれた旅行で一度四国へは来たことがあったのだけど、僕だけ皆との合流が遅れてしまったので、道後温泉へは行ってない、はずだったんだけど、どうも記憶違いらしい。ちなみのこのとき、温泉が蜷川美香とのコラボイベント中で、すべてのふすまに蜷川さんの写真が印刷されていた。観光で来た人には良いかもしれないけど、修行の風情ではなかった。その風情でないまま、風俗街に突っ込んでいってしまった。いかにも温泉街。空気を読まずにすみません。
 山頭火は一時期ちくま文庫の句集を読むなど好きでいたのだけれど、そのヤンキー的なものとの親和性の高さにやや食傷気味になってしまい、しばらく離れていた。あらためて終の住処である一草庵を訪ねた。気候も良かったこともあり、たいへんのんびりとした時間を過ごせた。山頭火も遍路を歩いているのだけれど、当時はもっと大変だったのだろう。山頭火はどうしてあのような生き方になったのか。
 さて、寝床が、曇った夜空の下、オープンエアのベンチとなった。全日程中、この日が一番死ぬかと思った。僕は山頭火にはなれない。修行の身というのに、道後で遊んだ罰かもしれない。



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

The Jon Spencer Blues Explosion「Bellbottoms」


booklog (→all)


 日記 (645)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/09 (4)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin