20161209 Fri
26日目


12/9(水)晴

 風もなく、そこまで寒くもなく、ただ、背中に感じるベンチの固さと、暴走族の練習走行の爆音によりほぼ1時間おきに目を覚ます。そのまま眠れず4:30に出発。昨日のスラックラインを練習していた人に声をかければ良かったと後悔。コンビニでトイレ&着替え&アイシールド立ち読み。
 54番延命寺にはたぶん一番乗り。納経所のおじさんがのれん(?)を上げるのをお手伝いする。
 55番南光坊のご住職(?)ただのおじさん(?)すごくファンキーだった。話し始めると止まらない感じ。僕の納経帳用に、盗難防止ということで筆ペンで名前を書いてみてくれた。若干失敗してた。
 56番泰山寺、いちど通り過ぎてしまう。危ない危ない。
 57番栄福寺、ミシマ社から本を出してる白川密成ってここのお寺の住職なのか! 本についての切り抜き、ボブ・ディラン『風に吹かれて』の歌詞を紹介する文章などが掲示してある。山内の建物など新しくて綺麗。納経所のおじさんもとても丁寧に対応してくれた。
 お昼はまた暑くなってきた。58番仙遊寺へは、途中の山道よりも寺の山門をくぐってかたのほうがキツイ。下りの階段もキツイ。今日回ったお寺は改装工事中の箇所が多かった。ここも弘法大師像を直している。足場が組まれてたり、シートに覆われてたりするのはやっぱり見た目的にがっかりする。納経所の女性が、書くときにわざわざ指輪を外していたところに心遣いを感じた。
 コンビニでがっつり休憩。車のおじさんにミカンを頂く。横浜に行ったことがあるらしい。
 59番国分寺の納経はかつてないアッサリ感。他の国分寺と、かいてもらった文字は変わらないはずなんだけど、なんか妙にササッと書かれた感じを受ける。
 16:20に宿泊予定の光明寺・通夜堂へ到着。ここは番外でもなんでもないただのお寺。だけど通夜堂には泊まらせてもらえるし、たまに住職とお話もできるという、歩き遍路にとっては天国のような場所。2段ベッド、コタツ、卓上電気スタンド。壁にはご住職が作っているお寺の通信がたくさん貼ってある。泊まらせてもらうお礼に本堂にお参りしる、夜でも入って良いみたいだ。本がたくさん置いてあって、自由に読んでも良いのがありがたい。向かいの日切大師にもお参りする。この日は残念ながら住職にはお会いできなかった。代わりに通夜堂に置いてあるノートを読んで、ほかの人が住職に聞いた話を又聞きすることに。
 近くの銭湯(めっちゃボロくて良かった)スーパー(激安)へ行ってから、明日の計画を立てる。今日は調子よくスイスイ歩けたけど、明日はあまり多く回れないことに気付く。

コンビニ 855円
コンビニ 932円
スーパー 482円

4:00 星野浦海浜公園 -(6k)- 6:30 54番 -(3.4k)- 8:00 55番 -(3k)- 9:20 56番 -(3.1k)- 10:10 57番 -(2.4k)- 11:20 58番 -(6.1k)- 12:50 59番 -(9.8k)- 16:20光明寺


 室内に泊まれた日は一日の記録がしっかり取ってあって、あとからよく思い出せる。光明寺は本当に良い場所だった。住職が薦めていた山本周五郎『日本婦道記』は旅が終わってからすぐに読んだ。
 おそらくは光明寺の住職の文章から抜き書きしたのだろう、僕のメモにこんなことが走り書きしてあった。
「人の短を言わない 己の長を説かない」
 どこかで見た喫茶店の可愛い看板がスケッチもしてある。全然眠れなったわりに、この日は体力に余裕があったようだ。



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

Reggie Watts 「A Song About Apples (Always Love Yourself)」


booklog (→all)


 日記 (658)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (11)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin