20171011 Wed
綾戸智恵を思い出した


かつて一度、綾戸智恵のコンサートへ行ったことがある。
その当時付き合っていた女の子と一緒に。
僕はNHKの『トップランナー』をよく見ていて、
綾戸智恵・村上ポンタ秀一・小野リサ・村治佳織、などをあの番組で知った。
三重にそんな大物が来るとは思っていなかったので、あわてて親に頼んでチケットを取ってもらった。
たしか番組でも演奏していた、Boz Scaggsの「Slow Dancer」は良かった。
綾戸智恵といえば、さだまさしもかくやというような、演奏よりも長いMCが有名である。
小説家の奥田英朗はそのエッセイ(たしか『野球の国』だったと思う)で、
綾戸(名前は出さずに伏せていたはず)のライブに触れ
“演奏を聴きに来たのに関西のおばちゃんの喋りを延々聞かされて不満だった”、
というようなことを書いていた気がする。
まあファンにしてみれば、それも魅力のひとつなんだろうし、
僕もかつてお世話になった馬場孝幸さんのライブなんかだと、
曲も聴きたいんだけど、できればずっと喋ってて欲しいと思ってたりした。
まあライブだけであっても、全員が満足するわけではないんだし、
要素を増やすことは別に悪いことではないとは思う。

ついこの前、三重県文へ、トランペット・黒田卓也のライブを観に行った。
この人がよく喋るのである。出身はもちろん関西(兵庫)だ。
普段僕が行くジャズのライブはMCなんてほとんどないので、
(渋さでの渡部真一さんは喋りまくるけど、あれはまあ違うだろう)
見ている間、ずっと綾戸智恵のことを思い出していた。
ホールの特性か、低音が回っていて、言ってることが分かりづらいところもあったし、
なによりすぐ後ろの夫婦らしき客がゲラでキツかった。

今回のライブには、地元のサックスプレイヤー・ツカモトシスターズという人たちも参加していて、
セカンドステージはほとんどそのひとたちの演奏で、ちょっと、アレレー?、って思った。
まあ悪い曲ではないのだけれど、いい曲かと聞かれると腕組みして唸ってしまうようなあれだ。
僕がこういうときに使う常套句、好きでも嫌いでもない、である。
イージーリスニング的な曲で、フィールドレコーディングした音もバックで鳴っている。
なんということか、この人たちのMCも長かったのでゲンナリした。
黒田卓也のMCは笑えるところもあったのでまだ救いがあったけど、
この人たちのMCは喋りたいことを喋っているだけだったので、余計ゲンナリだった。

それまで微妙だなあと思っていた始終モコモコしていたベースの音が、
最後の最後、アンコールで、フロントピックアップよりもブリッジ側で弾き始めたとき、
ようやく音が締まって聞こえて、なんじゃそりゃってなった。
大バコは難しいのか。PAさんが本調子じゃなかったのか。
やっぱりライブは小さいハコへ聴きに行ったほうが良いのかなぁと思った。
というかいまだにロフトジャズやM-Baseなんかを愛してしまっている、
産まれる時代を間違った僕が悪いのかもしれない。

>聴いてる
JAMESZOO「FOOL」(2016)
Fool [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC513)
前にタワレコで視聴したときはピンと来なかったけど、
やっぱり話題になっててずっと気になってたので、ナウリッスン。
ドラムにリチャード・スペイヴンが参加しておる。



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

 日記 (693)
 つくり話 (26)
 蛇足 (3)

 2018/10 (3)
 2018/09 (4)
 2018/08 (1)
 2018/07 (4)
 2018/06 (1)
 2018/05 (2)
 2018/04 (3)
 2018/03 (1)
 2018/02 (1)
 2018/01 (3)
 2017/12 (7)
 2017/11 (6)
 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (22)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZK by sonton



adimin