20171124 Fri
インフレ


(ひきつづき宣伝)
11/26(日)伊勢河崎一箱古本市に出店します。
前2回の一箱がお陰様でご好評いただき、本がスッカスカになっちゃったので、
今回は傷だらけの総力戦と参りたいと思います。期待せずにお待ちください。
あ、案の定、当日の予報に雨が入ってきましたね。マジですみません。


今朝、会社へ向かって歩いていると、視界の端に「んっ?」というものが見えて、思わず立ち止まりました。

 echo 310円

……絞り取られてるなぁ、と思いましたよね。
echo(エコー)というのはタバコの銘柄で、僕がいまの第二次禁煙前に吸っていたタバコです。
そのときはたしか、250円でした。あの安さとキツさだけが売りだったタバコが、300円超えたかーと。
第一次禁煙前に吸っていたのはセブンスターで、300円でした。今のエコーより安い…。
それが今や460円ですからね。お疲れ様です、喫煙者の皆さん。


読んでた本のどれかに、「日本の本は単価が安すぎる」みたいなことが書かれていました。
たしかドイツと日本との再販制を比較しての意見だったように覚えています。
最近、講談社文庫版の京極夏彦的なアホみたいな厚さの本が減って、
だいたい分冊になってきてるのは、ちょっとでも客単価を上げようという出版社の試みのような気がします。

ニュース番組で、書店の売り上げの最盛期から、
客単価は変わってないんだけど、来客数が減っているというのを言っていました。
書店員の立場では本の価格を上げることはできませんので、
まとめ買いしたくなるような売り場を作るか、来店数来客数を上げるか、
もしくはその両方か、と、何か良いネタがないかなぁと考えています。


津の一箱のときに出演させて頂いたトークイベントで、
「書店と図書館のステキな関係」みたいなお題があって、上手いこと答えられなかった。
文芸春秋の社長さんの「図書館は文庫を置かないで」発言を引き合いには出してみたものの。
あれからモヤモヤと考えているんですけど、書店から図書館に対してできることっていうのは何だろうと。



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

 日記 (688)
 つくり話 (26)

 2018/07 (4)
 2018/06 (1)
 2018/05 (2)
 2018/04 (3)
 2018/03 (1)
 2018/02 (1)
 2018/01 (3)
 2017/12 (7)
 2017/11 (6)
 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (22)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZK by sonton



adimin