20130407 Sun
風の強い日


120908a89.jpg

風のせいでこげども進まぬ自転車で職場へ向かう。
確実に俺のチャリより亀の方が速かったと思う。
信号待ちで止まっている亀にようやっと追いつくと、
奴はハバナシガーをくゆらせながらこんな事を言うのだ。

「良い天気じゃねえか、兄ちゃん」
「はぁ、そッスね」
「それなのになんだ、寝ぼけたような顔して」
「いや、これ、風がビュービュー吹いてるから寝癖みたいになってるだけッス」
「人間というやつぁ不便だな。ヘルメットも無いのか」
「あんたのそれは、甲羅って言うんスよ」
「で、今からどこへ行くんだ」
「仕事ッスけど」
「海が良いなぁ」
「絶対、シケってますって」

やがて信号が変わるいと、海が良い海が良いとつぶやきながら、
亀は淀んだ神田川へジャブンと身を放り出したのでした。
交差点に転がるハバナシガーは風がどこかへ運んでゆきます。
おそらくは南米ですな。あの雲もきっとハバナシガーの煙で出来たのです。

昨日火事になって真っ黒に焦げてしまった山の上ホテルは、
自衛消防団が放った粘菌<ムシホコリ>におおわれて真黄色になっておりました。
彼らは優秀です。たとえ己の肉体が焼けようとも、灰になった建物をキレイにしてくれるのです。
灰は文字通りキレイさっぱりなくなって、あとには巨大な粘菌タワーの出来上がり。
ニューヨーク貿易ビルの痛ましい事故の後に研究開発された粘菌の役割だ。
皆は気付いてないが、すでにパソコンの半分(主にMac)には粘菌が使われている。
マックの方が多いのは、なんかマック使ってる人ってそういうの好きそうだからってのが理由。マジ。

強風に乗せて同胞達をブチブチと飛ばす粘菌は目もくらむ美しさでありました。
日本人は中国の黄砂をバシバシ責めますが、あれが飛んでるムシホコリならば、
速攻で世界は平和になると思う。
あと、ムシホコリに食べられた建物はムシホコリの体内を通って、
やがて宇宙のホワイトホールに出るとか出ないとか。
そんな話を風の噂で聞いたことがあります。


ってなところでおしまい。最後に1曲お聴きください

The Night Beats : Scrambled eggs




コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

山瀬まみ「ゴォ!」


booklog (→all)


 日記 (661)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin