20130411 Thu
『CLOSER TO THE EDGE マン島TTライダー』


ドキュメンタリー映画を観る会(会員俺1人)です。
絶賛会員募集中。

img_944867_31798475_0.jpg
『CLOSER TO THE EDGE マン島TTライダー』
http://www.laidback.co.jp/tt/

<あらすじ>
世界で1番危険な公道バイクレース、マン島TT。
民家や縁石が迫るコースを、最新鋭のバイクはなんと最高速度約320kmですり抜けていく。
もちろん危険性は高く、今までに200人以上が命を落としている。
幾度も中止の声が上がったものの、103年間もの歴史と数多くの伝説がある。
2010年のレースを、若きレーサー、ガイを中心として撮ったドキュメンタリー。

<感想など>
オーディオトリウム渋谷
30人弱の客のうち、9割が男性。……男臭いぜ。

しょっぱなから車載カメラの映像の迫力で、オシッコちびりそうになりました。
近い近い近い!近い!!アスファルトがっ!!! って手に汗握りっぱなし。
レース用ではなく、普段公道として使用されているデコボコの道を走るために、
車体が浮くわ飛ぶわブレるわで、そのたびにこっちの○玉もヒュンヒュンして、
観てるだけのくせに生きた心地がしません。
一番下に予告編を貼っておきますので、
バイクの320kmってのがいかほどのスピードか是非ご覧下さい。
そうです、これが有名な「残像だ」です。

とにかくレースのシーンは超スピード&超スリルなので、
一緒に緊張感を味わった人には恋愛感情を抱きやすいという、
いわゆる<吊り橋効果>も狙えそうな映画ですが、
残念ながら、観た女性のほぼ全員は間違いなく、
主人公ガイ・マーティンに惚れてしまうのでデートにはオススメできない。

ガイ、マジでイケメン。個人的な印象で言うと『カウボーイビパップ』のスパイクって感じ。
普段は口数も多く陽気でフザケてる印象がありますが、
独りきりのシーンやレース会場では、近づきがたいような表情を浮かべます。
モテるよ。ありゃあモテる。同じ男として全然敵わない。
「レースはいつだって死と隣りあわせさ。俺たちはそれをちゃんと分かってる。
 だから俺は家庭を作らない。守るものがあるとレースに集中できなくなるからね。
 女はいらないんだよ、……俺にはバイクさえあればいい」
ほーら、もう母性本能くすぐられっぱなし!

あと、エンジン製作に関わっている渋いオヤジさんが出てくるんだけど、
枯れたオヤジ専門の女の子は絶対そっちに食いつくから、これもまたデートではオススメできない。
「レースでの事故報道があると、仕事の手を止めるんだ。
 直接手は下してないとはいえ、俺の責任じゃないかって感じるからな
 (と言って作業場近くにある橋の欄干にもたれかかる)」
乙女のハートはこのセリフで打ち抜かれること間違いなし。

以上のように、とにかくデートにはオススメできない内容だけれど、
女性にもオススメ出来る映画だと思います。

モータースポーツは男の世界っていうイメージがあるかもしれないけれど、
映画に登場する命知らずのレーサー達の、うち1人はなんと女性。
泥臭い男たちの中の一輪の花感ったらもう。ファンです。好きです。結婚してください。
すみません、勢い余りました。

あと、印象に残ってるのは、マン島TTレースの歌ね。そんなのあるんや!っていう。
それに合わせてモノクロの記録映像が流れるんですが、事故多すぎ。
道端の飲み屋に突っ込んでしまうとか、どんだけ危ないレースやねん。
それと、本編ではあまり触れられてないけど、サイドカー部門みたいのもあって、
24.jpg
この画像からは伝わりにくいですが、
めっちゃ車高が低くて、生身、かつ当然超スピードなわけですよ。
俺だったら速攻で失神するなぁって、思いました。
サイドカー側の人が思い切りふっ飛ばされる事故映像もありました。
……一生僕がサイドカーに乗ることは無いと思います。

物語は、いまだ優勝経験のないガイが、2010年のレースで1位を獲ることが出来るか、
というストーリーを軸に進んでいきます。
僕は予告編はおろか、マン島TTレースの歴史などについても調べずに行ったので、
2010年のレースの結果がどうなったのか、全く知らずに観たのですが、
衝撃の結末に「ああっ!!!!!」って息を飲みました。
そして息を飲んでようやく、
レースの映像が流れているあいだ、息を止めてしまってたことに気付きました。

登場するレーサーの奥さんの
「死を愛することは出来ないわ。
 けれど、それを知らずに生きることもできないの」
っていうセリフが、すごく印象に残っています。
そんな彼女達が支えるレーサー達は、何度事故にあっても、
恐るべきことに何回でもまたレースに戻ってきます。
誰一人として「死ぬことが怖くなった」なんて言わないのです。
多分彼らは、生きるか死ぬかギリギリのところに、
自分が生きている意味を見つけ(てしまっ)たのだろうなぁ、と感じました。


上映館数が少ないようですが、見て損のない映画です。
バイクやモータースポーツが好きな人はもちろん、
最近刺激が足りないわぁん、とお嘆きのあなた、是非是非ご覧下さい!


<関連記事>→リンク先、それぞれネタバレもあるのでご注意
・映画『CLOSER TO THE EDGE マン島TTライダー』 3/30公開
http://news.bikebros.co.jp/topics/news20130213-2/
(映画の基本情報など)

・映画 『Closer to the Edge マン島TTライダー』公開
http://news.bikebros.co.jp/topics/news20130408-4/
(公開初日のトークショーの様子)

・バイク世界決定戦マン島TTに、天使の初音ミクさん参戦決定!
http://baiku-sokuho.info/articles/4016.html
(2013年のレースに日本から痛車が参戦するようです)

<最後に予告編>



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

The Jon Spencer Blues Explosion「Bellbottoms」


booklog (→all)


 日記 (645)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/09 (4)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin